お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

元彼に告白しても復縁に失敗してしまうパターンとは

元彼と復縁したいと考えるとき
おそらくほとんどの方が気になるのが
「自分は本当に復縁できるのか、失敗しないか」ということですよね。



ケンカ別れ、浮気、ささいなすれ違いなど
例えどんな理由があったとしても
復縁が絶対に不可能ということはまずありません。



ですが、残念ながら復縁難易度が高い
告白をしても失敗に終わってしまう可能性の高いパターンは存在します。



あなたが復縁に向かって歩みだす前に
自分の状況が復縁可能か、難しいかどうか
それをしっかりと見つめなおしてみたほうがよいかもしれません。



今回は復縁したいと告白しても
失敗する可能性が高いパターンについてご紹介します。



・告白しても失敗する可能性が高いパターン(1)
 結婚をしつこく迫ったあとの別れ

結婚を女性に迫られ断った男性は
別れた後に復縁を迫られたとしても
「結婚を望んでいない俺では幸せにできない」と考えてしまいます。



一度結婚を迫られた相手を振ってしまうと
申し訳ないという気持ちが先に立つため
告白をしても復縁が難しくなるのです。



このケースの場合、結婚を本気で望まない姿勢をとらない限り
復縁は難しいでしょう。



あなた自身結婚がしたいのか
それとも相手と復縁したいのか
どちらかに決める必要があります。



後者ならば少し長めの冷却期間を取り
結婚の意思はないと伝えながら
復縁を目指していきましょう。



・告白しても失敗する可能性が高いパターン(2)
 自分が浮気したことが原因の別れ

男性は付き合っている最中に自分以外と性的関係を持った女性は
汚い物として切り捨ててしまいます。



従順さ、清楚さを求める男性は
浮気をされたら絶対に許さないと思っている人が殆ど。
一度の過ちだとしても気持ちがスーッと冷めていくのだそうです。



自分が浮気をしてフラれた場合
復縁は本当に難しいと考えてください。



このパターンで復縁を成功させるのであれば
元彼の喪失感をあおることが絶対条件です。



逃した魚は大きかったと元カレに思わせられるよう
自分磨きに力を入れるようにしましょう。



・告白しても失敗する可能性が高いパターン(3)
 セックスの相性が悪かったことが原因

男性にとって身体の相性というのは
お付き合いの大切な要素です。



女性は男性とお付き合いをするとき
経済的に裕福で将来有望な男性を選ぶ傾向があります。



それと同じように男性は
自分を性的に満足させてくれる女性を手放そうとしません。



身体の相性が良かった相手とは
何度でも「よりを戻そう」と考えるのが男性という生き物なのです。



そのため、別れた原因がセックスが合わないことが原因の場合
復縁は難しくなります。



このパターンで復縁を成功させたいのであれば
とりあえずは元彼の都合のいい女になることです。



身体の関係を持てる間柄になり
彼のフェチズムを満足させるように試してみてください。



身体の相性がいいと、男性は自然と独占欲が湧きます。
自分だけのものにしたくなるものなのです。



復縁が成功しづらいパターンは残念ながら存在します。
ですが、諦めなければ復縁は不可能ではありません。



もしも、あなたの状況が紺かいのパターンに当てはまっていたとしても
諦めなければ復縁はできます。



前向きな気持ちを持ってコツコツと活動することで
元彼との未来を築くことができるのです。
あなたのしあわせな復縁を応援しています。

無料の復縁マニュアルをメルマガ登録でGET

元カレと復縁できる
無料メールマガジン

復縁業者を使わなくても、
たとえ連絡が取れなくても
あなたは復縁に成功できます!

12000人以上もの復縁相談実績を持つ
復縁コンサルタント山本あずさが、
元彼と復縁できる方法を
無料メルマガで公開中です。

無料マニュアルの登録はコチラから

私の人生を変えた復縁マニュアルです

元カレと復縁できる方法
元彼と復縁したい女性版

たった21日間で、
忘れられないあの人と復縁する方法があります。

口コミでも「効果があった!」
「復縁に成功できた!」と評判の、
最強復縁マニュアルです。

女性版はコチラから詳細ページへ

元カノと復縁できる方法
元カノと復縁したい男性版

たった36日間で、
忘れられないあの人と復縁する方法があります。

絶望的な別れから、簡単に復縁することができてしまった「復縁に大成功した男」続出の、
男性版・最強復縁マニュアルです。

男性版はコチラから詳細ページへ


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)