お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

元彼と音信不通でLINEをブロックされてからの復縁とは

元彼から着信拒否やメール、LINEをブロックされて
音信不通になってしまうと
接点がなくなってしまいます。



このような状況になると復縁は非常に難しいといえます。
かなり難易度も高くなりますので
諦めるというのも1つの道と言えるでしょう。



ですが、あなたが元カレとの復縁をどうしても諦めきれないのであれば
音信不通でLINEをブロックされたあとの復縁方法を試してみるのも良いでしょう。



今回は彼と音信不通でLINEをブロックされた状況から復縁をするには
どのような方法をとればいいかについてお話します。



・音信不通でLINEをブロックされ、接点がなくなったら

元カレが着信拒否やLINEをブロックし
文字通り音信不通になってしまった場合
復縁は不可能のように思えるでしょう。



気持ちばかりが焦ってしまい、友達の携帯電話や
自宅の電話から元カレに電話をしてしまうという人もいますが
それは火に油を注ぐのと一緒、彼の心を頑なにしてしまいます。



着信拒否やLINEをブロックされてしまったら
ひとまず時間を置きましょう。



普通の男性であれば、本当にあなたのことが嫌いであれば
着信を完全に無視してしまえば済むことですよね。



それなのに敢えて着信拒否にして音信不通になったということは
元カレの心にまだあなたが存在しているという証拠です。



ここで冷却期間を置くことによって
彼の気持ちを冷静に戻し
あなたのことをもう一度考えられる心に戻すことができるでしょう。



・メールアドレス変更を一斉送信する

着信拒否をされたからといって
すぐにアドレス変更メールを送るのはあまりにも不自然すぎます。
元カレの警戒心を解くためにも、最低3ヵ月は空けましょう。



そして良い頃合いを見計らって
元カレにメールアドレスを変えた旨を伝えます。



このとき、絶対にしなければいけないのが
一斉送信でメールを送ることです。



個別に送ってしまうと「復縁したがっているのかも」と
彼の警戒心を高める結果になります。



そこで返信があれば復縁成功の可能性はかなり高いといえますし
もし返信がなくても、一か月ほど時間をあけ
近況報告メールを送るのも手段の1つです。



明るく、あくまでさりげなく立ち直った自分を見せることができれば
彼も警戒心を解き、メールをブロックする行為をやめてくれるはずです。



・共通の友人がいるのなら頼むのも手

彼と自分の間に共通の友人がいる場合
その友人に頼んで彼の警戒心を解いてもらうというのも
1つの復縁手段です。



人と言うのは不思議なもので
直接かかわっている人がどんなに強く言っても聞き入れなかったことでも
第三者がやんわりと言うことですんなり受け入れ行動してくれるものです。



ほとんどの場合、元カレが着信拒否をどうしてするのかというと
「あなたが復縁をしたいと思っているのではないか」という警戒心だけです。



あなたにもう未練がないことがうまく伝われば
彼の心を柔らかく解きほぐしてくれるはずですよ。



元カレと音信不通になってしまうと
「もう復縁なんてできないのかな」と思ってしまいますよね。



確かに接点がない状況からの復縁は難しいものです。
ですが、焦らずに余裕を持つことによって
復縁は可能になります。



実際に、音信不通状態から復縁を成功させた女性もたくさんいます。
お互いに冷静になれる時間を持ち、復縁につなげることができるよう
前向きにがんばりましょうね。

無料の復縁マニュアルをメルマガ登録でGET

元カレと復縁できる
無料メールマガジン

復縁業者を使わなくても、
たとえ連絡が取れなくても
あなたは復縁に成功できます!

12000人以上もの復縁相談実績を持つ
復縁コンサルタント山本あずさが、
元彼と復縁できる方法を
無料メルマガで公開中です。

無料マニュアルの登録はコチラから

私の人生を変えた復縁マニュアルです

元カレと復縁できる方法
元彼と復縁したい女性版

たった21日間で、
忘れられないあの人と復縁する方法があります。

口コミでも「効果があった!」
「復縁に成功できた!」と評判の、
最強復縁マニュアルです。

女性版はコチラから詳細ページへ

元カノと復縁できる方法
元カノと復縁したい男性版

たった36日間で、
忘れられないあの人と復縁する方法があります。

絶望的な別れから、簡単に復縁することができてしまった「復縁に大成功した男」続出の、
男性版・最強復縁マニュアルです。

男性版はコチラから詳細ページへ


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)