お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

冷却期間後にメールを送るときの注意点

冷却期間を終えた後、とても重要になるのが
最初のメールやLINEです。



ここで失敗してしまうと冷却期間の意味がなくなってしまい 最悪の場合復縁に失敗してしまうことにもなりかねません。



メールやLINEで失敗し、後悔をしないためにも 冷却期間後にメールやLINEを送るときは 何に注意をするべきかは



ちゃんと知った上で送ったほうがいいのは 当然のことなのですが、



「簡単に言うけど、こっちはメールするだけでも精一杯!
 一体どんな内容が失敗になってしまうのかわからない!」



という人もいると思います。



ですが、ちょっとしたことさえ抑えてさえおけば
相手の気持ちを逆なでせずに、



復縁につながるやりとりをすることは
本当に簡単なのです。



そこで今回は、冷却期間後にメールやLINEを送るときに
何に注意していけばいいのかについてお話します。



復縁を意識したメールやLINEを送る時には 是非参考にしてください。



・冷却期間後にメールを送る時の注意点(1)未練を見せない

せっかく冷却期間を取ったのに
最初のメールで未練が伝わってしまっては何の意味もなく
相手に警戒心を持たれてしまった結果返信すら来ないこともあるでしょう。



そこで、相手に未練を見せないためのポイントとして抑えてもらいたいのが
そのメールに必然性があるかどうか、違和感を感じないかどうか、です。



「こういう理由で送ってきたのであれば
 別れた恋人である自分にメールを送ってきたのも当然だ」
と思わせるようなメールを送ればいいのです。



逆に、なんで急にこんなメールを送って来たの?という内容では
相手はその理由について深く考えだしてしまい
未練や執着があるのではないかという答えに行きついてしまいます。



そこで、共通の友人に関するメールや付き合っていたころの忘れ物メールなど
必然性のあるメールを送るのが大切だというわけです。



・冷却期間後にメールを送る時の注意点(2)返信がきやすいメール

いくら必然性を感じるメールの内容だったとしても
あまりに長文だと読む相手も疲れますし
余計なことを書いてしまったことで未練を悟られる可能性があります。



逆に短すぎても違和感を感じますし
唐突過ぎて未練を見抜いてしまいます。



例えば忘れ物に関するメールであれば
「○○ちゃんが結婚式の音楽に使いたいらしいから
 □□のCDがあれば返してもらいたいんだけど、処分しちゃったかな?」

というような内容にすると良いでしょう。



つらい冷却期間を終えた後のメールですから、失敗したくないですよね。



ポイントはとにかく「未練を感じさせない」こと。
相手が何か疑った時点でアウトです。
さらに冷却期間を取る必要が出てくるでしょう。



あくまでも自然に、必然性があることを意識して送ってください。
そして相手が返信しやすい内容にしておけば、まず失敗はないはずですよ。
あなたの幸せな復縁を応援しています。

無料の復縁マニュアルをメルマガ登録でGET

元カレと復縁できる
無料メールマガジン

復縁業者を使わなくても、
たとえ連絡が取れなくても
あなたは復縁に成功できます!

12000人以上もの復縁相談実績を持つ
復縁コンサルタント山本あずさが、
元彼と復縁できる方法を
無料メルマガで公開中です。

無料マニュアルの登録はコチラから

私の人生を変えた復縁マニュアルです

元カレと復縁できる方法
元彼と復縁したい女性版

たった21日間で、
忘れられないあの人と復縁する方法があります。

口コミでも「効果があった!」
「復縁に成功できた!」と評判の、
最強復縁マニュアルです。

女性版はコチラから詳細ページへ

元カノと復縁できる方法
元カノと復縁したい男性版

たった36日間で、
忘れられないあの人と復縁する方法があります。

絶望的な別れから、簡単に復縁することができてしまった「復縁に大成功した男」続出の、
男性版・最強復縁マニュアルです。

男性版はコチラから詳細ページへ


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)