お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

冷却期間明け、久々に送る復縁相手へのメールの効果的な内容

以前の記事などで、復縁には「冷却期間」が大切だということを何度かお話しました。
相手のあなたへの最後の印象によって、冷却期間の長さは変わりますが
最低でも半年程度の時間が必要です。


この冷却期間をすぎて相手に久々にメールを送る時、
相手からどのような反応が来るか・・・すごく緊張しますよね。


復縁のきっかけともいえる大切なメールです。
失敗しては寂しさに耐えた冷却期間も無駄になりかねません。


そこで今回は、復縁を希望するなら避けては通れない
冷却期間を半年ほど設けた後のメールの内容についてご紹介します。


・相手はあなたのことを忘れていない事を頭に置いておく
冷却期間があけて半年程度では、復縁したい相手はあなたのことを忘れていません。
特に別れ際にあなたに対して悪い印象があれば、
その印象は完全に払しょくされていはいません。


当然、メールの内容であなたからの未練が伝わってしまえば、相手は警戒します。
警戒されてしまえば、それだけ復縁できる可能性は下がってしまうのです。


ですので、半年程度の冷却期間を設けてのメールは
あなたからの未練が伝わりにくい内容にする必要があります。


・どんなメールを送ればいいのか
以前の記事でも冷却期間後のメールについてはご紹介しましたが、
実際のメール内容として一番無難なのは「事務系のメール」です。


つまりどのようなことかというと
・忘れ物の受け渡しメール
・アドレス、連絡先の変更メール
・共通の知り合いの質問メール

などですね。


誕生日やイベントごとのメールという手もありますが、
別れ際に悪い印象を持たれている場合などは
あなたの未練が伝わる可能性があるため避けた方が無難です。


一度普通に会話ができて、メールの内容に寂しがる様子などを見せなければ
相手の警戒心が高まることはまずありません。


ですので、最初のメールで普通に会話が成立すれば、
相手に新しいパートナーがいない限りはスムーズに話が進むでしょう。


・何を目的にメールをするのか
最初のメールは、久々のやり取りができればなんでもいいのです。
「普通に話をした」という実績を作ることが大切です。


その後は流れで電話で話す、または食事に誘うというような形が作れると最高です。


久々の連絡ですから、この時がお互いにもっともテンションが上がりやすいので、
相手の反応が悪くなければ積極的に話を進めましょう。


逆に最初のメールのやり取りから日にちが経った後に改めて食事に誘った場合、
相手の気持ちが冷めてしまいうまくいかない事があります。
連絡再会から会うまでのスピード感は非常に大切です。


ただ、相手の反応があまり良くない時はグイグイ進めると警戒心を高め、
冷却期間の意味がなくなってしまったということにもなりかねません。


復縁したい相手の反応に合わせて、余裕を持って対応していきましょう。


元恋人との久々のメール、絶対に成功させたいですよね!


久々のメールだからとテンションを上げ過ぎると失敗してしまいます。
大事なのは心の余裕を持つこと、
あなたの未練を相手に悟らせないことです。


逆にいえば、メールの内容からあなたの未練さえ感じさせなければ
ほとんどの場合会う約束を取り付けることが可能です。


相手との連絡を再開させるときは、どうやって誘うのか、
会って何をするのか・・・そして、会ってあなたの変化を感じさせ、
相手の感情を揺さぶることができるのかまでを、じっくり考えましょう。


久々のメール、内容さえ間違えずに成功できれば、
復縁という願いだって叶いますよ。


無料の復縁マニュアルをメルマガ登録でGET

元カレと復縁できる
無料メールマガジン

復縁業者を使わなくても、
たとえ連絡が取れなくても
あなたは復縁に成功できます!

12000人以上もの復縁相談実績を持つ
復縁コンサルタント山本あずさが、
元彼と復縁できる方法を
無料メルマガで公開中です。

無料マニュアルの登録はコチラから

私の人生を変えた復縁マニュアルです

元カレと復縁できる方法
元彼と復縁したい女性版

たった21日間で、
忘れられないあの人と復縁する方法があります。

口コミでも「効果があった!」
「復縁に成功できた!」と評判の、
最強復縁マニュアルです。

女性版はコチラから詳細ページへ

元カノと復縁できる方法
元カノと復縁したい男性版

たった36日間で、
忘れられないあの人と復縁する方法があります。

絶望的な別れから、簡単に復縁することができてしまった「復縁に大成功した男」続出の、
男性版・最強復縁マニュアルです。

男性版はコチラから詳細ページへ


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)