お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

【復縁体験談】まるで自分自身のような不思議な彼、結果は・・・


はじめまして。
現在26歳主婦で子供が一人います。


当時18歳でまだ学生時代アルバイトをしながらオンラインゲームにハマっていたころの体験です。


ゲームの中で私はボス狩りという一日6回定期的に発生するイベントが開始されるのを一人で待っていた時のことでした。

もう夜明け近い時間に見慣れないキャラが「ども」と話をかけてきたのが私と彼の初めての出会いでした。



● 不思議な出会い

30分ほど何も会話のないまま時間が過ぎていきボスも湧かず暇を持て余していたので声をかけたと同時に相手も声をかけてきました。


それから1時間ほどゲーム内のチャット機能で会話をしていて私は相手を女と思い、相手は私を男と思い話をしていたことに気づきなんだか不思議な感覚になりそれから夜明けなのにスカイプをして電話でも会話が始まりました。


喋れば喋るほど相手が初対面だとは思えず、まるで自分と喋っているような不思議な感覚になり色々な質問をしては鳥肌が立ちました。

私の前髪を右手で左に流す癖、左奥歯が噛合っていないことどちらの手にも運命線がくっきり入っていること、ほぼ全てが同じでその時何か運命でも感じたのでしょう、ほどなくして相手も同じことを考えていたと打ち明けられ自然と付き合うようになりました。


北海道と関東での遠距離恋愛だったにも関わらず、彼は学校の夏休みを利用して北海道に会いに来てくれました。

しかしそれがすべての始まりだったような気がします。


実際に会うとまるで自分のようだと思っていた相手は本当にそうだと確信しました。


きっと彼もそう思っていたと思います。
会話のない時間で心が満たされとても幸せだったと思います。


でもそれがこの先に求める最終的な恋愛へのイメージではないことがお互いにわかってしまったのです。


お互いのことが分かりすぎる、相手の行動が手に取るようにわかってしまう、それは私たちの求める恋愛ではなかったのです。


彼が関東に帰って3日。
やはりお互いに同じタイミングで別れを切り出していました。



● 気づいていたのにわからないふりをした

付き合った期間は2年ほど。

お互いに友達関係でお互い支えあっていこうと話し合いそれからは私がもやもやした気持ちで復縁をしようか悩んでいました。

そんなときに彼が「この先ずっとお前以上に大切な奴はいないと確信できる。


じゃあなんで別れたのかってずっと考えてるんだろう?大切だからわかる相手の本当の幸せ。


俺じゃ、お前じゃ、お互いを本当に幸せにすることはできないって、会話で相手のことを言葉がすべての俺たちに無言の時間で感じる幸せは薄っぺらなまがい物って・・・お前ならわかってるんだろう?」
それが彼との最後の会話でした。



● 復縁はしませんでした。

今は結婚もして子どももいて本当に幸せな日々を送っています。
しかし彼のことを忘れたこともありませんでした。


主人を愛しているのは確かです。
男性として愛しています。
ですが彼のことは人間として主人以上に大切な存在なのです。


でも私、別れたことも違う方と結婚したことも後悔してはいません。
これで良かったんだと思えているからです。

「男を虜にして離さない女のセックステクニック」方法を知りたい方はこちら
「もっとセックスで感じたい・・・秘めた自分を開花させるオーガズム方法」を知りたい方はこちら


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)