お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

別れた彼女を忘れるための4つの方法

「どうにか元カノと復縁できないかと
 あらゆる手をつくしましたが
 彼女の気持ちはかわらないようです。

 だけどどうしても別れた彼女を忘れる事ができません。
 復縁は私のエゴかもしれないけれど、
 せめて別れた彼女を忘れる方法はないでしょうか?」



別れた彼女のことが忘れられず、
胸をかきむしりたくなるほどつらい日々・・・


この気持、復縁を望むあなたなら本当に痛いほど
わかるのではないでしょうか。


このような場合、一度よく考えてみてほしいことがあります。
それは、そもそも元カノが忘れられない理由とはなんなか?
ということです。


私が多くの方の復縁相談にお応えしてきた中で
感じたことなのですが、


多くの男性は


・自分は振られた側で、振られた理由に納得できなかった
・元カノとのいい思い出ばかり思い出してしまう
・彼女との約束を果たしていない



というものでした。
つまり、忘れられない理由とは
「別れが相手からの一方的な理由」だった
ということが多かったのです。


たしかに、自分はまだ好きなのに
相手から一方的に拒絶されたら未練がのこるのは

当然だと思いますが、そのような場合は
どうやってその未練を断ち切ればいいのでしょうか?


今回は、別れた彼女への未練を断ち切るためのポイントを
いくつか紹介したいと思います。



(1)一人で考える時間を徹底的に作らない

失恋してまもないころは
出かけることやなにかをはじめることが億劫になりがち。
しかし、そのままでは彼女との楽しかった思い出ばかりが頭を駆け巡って
未練をどんどん募らせていきます。

ですから、彼女がいた時にはできなかったことをしてみようと
行動するようにしてください。



(2)思い出は本当に楽しかったことばかりか考えなおす

彼女への未練が断ち切れない時に共通していることは
元カノとの思い出がなんでもかんでも楽しかった思い出に
感じられるということ。

本当はそんなことはありませんよね。
実際の思い出をかなり美化してしまっていることって多いんです。

それはしょうがないことなのですが、
「思い出は美化されやすい」ということを理解しておいてください。
そうすれば、冷静な目で失恋と向き合い、

新しい恋に進むことができるはずです。



(3)新しい趣味や習い事をみつける

失恋して間もないのに新しい趣味なんて・・・!
という気持ちはあるかもしれませんが、

こんな時こそ新しい趣味、あたらしいことをはじめてください。

彼女との時間に費やしていた部分を
新しい趣味にあてていけば、自ずと
「彼女に会うはずだった時間が」置き換わっていきます。



(4)恋人との思い出のものは捨てる

恋人の連絡先や忘れていったものなど
思い出が残るものはこの際一切処分してしまいましょう。

そうすることで恋に見切りがつきやすくなります。





別れた直後や、
未練を残し続けている場合、
彼女以上にいい女は絶対にこれからも見つからない

と強く思いがちですが、
それって実は、

・彼女以上の人を見つけてはいけない
・彼女以上の人なんているはずがない


と自分で思い込んでしまっている場合が殆どです。



前を向いて新しいことをはじめ、

新しい恋に目を向けることこそ
忘れられない元カノから開放されるための
一番の秘訣なのです。



失恋の傷を癒やすのはその次のこと。
まずは新しい一歩を踏み出してみてください。

きっとあなたには再び幸せな恋がやってきますよ。



無料の復縁マニュアルをメルマガ登録でGET

元カレと復縁できる
無料メールマガジン

復縁業者を使わなくても、
たとえ連絡が取れなくても
あなたは復縁に成功できます!

12000人以上もの復縁相談実績を持つ
復縁コンサルタント山本あずさが、
元彼と復縁できる方法を
無料メルマガで公開中です。

無料マニュアルの登録はコチラから

私の人生を変えた復縁マニュアルです

元カレと復縁できる方法
元彼と復縁したい女性版

たった21日間で、
忘れられないあの人と復縁する方法があります。

口コミでも「効果があった!」
「復縁に成功できた!」と評判の、
最強復縁マニュアルです。

女性版はコチラから詳細ページへ

元カノと復縁できる方法
元カノと復縁したい男性版

たった36日間で、
忘れられないあの人と復縁する方法があります。

絶望的な別れから、簡単に復縁することができてしまった「復縁に大成功した男」続出の、
男性版・最強復縁マニュアルです。

男性版はコチラから詳細ページへ


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)