お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

復縁につながる、元カノがあなたに会いたくなるメール術

元カノとの復縁を望む時、大多数の方が使うのがメールですよね。
メールのやり取りができている状態であれば
復縁できる可能性というのはかなり高い状態といえます。



ですがメールというのはあくまでもきっかけでしかありません。
復縁を成功させる一番のポイントというのは
やはり実際に会って元カノの心を震わせることなのです。



といっても元カノと会う約束をとりつけるというのは
なかなか勇気もいりますし難しいものがありますよね。



そこで今回は元カノと会う約束を効果的に取り付けるための
復縁につながるメール術をご紹介します。



・復縁につながるメール術 (1)会いたい動機がしっかりしているメール
元カノはメールの内容そのものよりも
「なぜあなたがそのメールを送って来たのか」
という動機を重要視する傾向があります。



つまり
あなたが彼女に会いたいのはどうしてなのか、
という理由付けがほしいのです。



寂しくてしかたがないでも構いませんし
ふと仕事中に彼女のドジ姿を思い出して吹き出してしまい急に会いたくなった
というような気持ちでも構いません。



正直に「彼女にどうして会いたくなったのか」という理由をメールに書き添えると
元カノの受け取る印象は全然違います。



・復縁につながるメール術(2)相手の話に同調するメール
男性は悩みや考えを人に話さず自分の中で解決する傾向があります。
そして元カノは誰かに物事を話すことで頭の中を理解する生き物です。



ですから、あなたからメールをする場合は
相手の気持ちを引き出すようなメールをしてあげることが大切です。



「会社で疲れない?」ですとか
「大変だったらいつでも相談に乗るよ」という優しい言葉をかけます。



相手が相談を切り出してきたらたとえその内容が
「バカ言ってるんじゃないよ」
と同調しづらい中味であってもあえて相手の気持ちに寄りそうようなメールを返します。



そうすることで元カノは心から安心することができ、
もっともっと話がしたいとあなたに会いたくなるのです。



・復縁につながるメール術(3)寂しさに寄りそうメール
女性が寂しくなる時期を見計らって
寂しさに寄り添うメールができる男性は女性からモテます。



女性が寂しくなる時期というのは簡単にいえばイベント月です。
バレンタインデーやクリスマス、ホワイトデーなど恋人同士で盛り上がるシーズンに
自分だけポツンとしていることは元カノにとって何よりも寂しいことなのです。



その寂しくなる時期に上手く入り込み、寂しさに寄り添うメールは元カノに喜ばれます。
クリスマスだとしたら
「クリスマスだけど残業だ、疲れたよ」などとメールを送るとかなり喜ばれます。



自分もイベント関係なく一人だよというアピールをできることにもなりますし
相手の寂しさをわかっているよと同調する意味合いでもあります。



元カノはそのメールに対して返信がしやすくなり
メールが続くことで
「会いたいな」または「会ってあげてもいいかも」と思って貰えるきっかけになるのです。



元カノとの復縁は絶対に成功させたいですよね。



元カノがあなたに会いたくなるメール術というのは
イコール「返信がしやすいメール」ということになりますね。



元カノの気持ちに寄り添うようなメールを
まるで女友達かのようにメールできれば最高です。



今回のメール術を活用できれば元カノと直接会える日も遠くありません。
会うことができれば復縁は確実に近づきます。
もう一度やり直すことができるように、がんばりましょうね。

無料の復縁マニュアルをメルマガ登録でGET

元カレと復縁できる
無料メールマガジン

復縁業者を使わなくても、
たとえ連絡が取れなくても
あなたは復縁に成功できます!

12000人以上もの復縁相談実績を持つ
復縁コンサルタント山本あずさが、
元彼と復縁できる方法を
無料メルマガで公開中です。

無料マニュアルの登録はコチラから

私の人生を変えた復縁マニュアルです

元カレと復縁できる方法
元彼と復縁したい女性版

たった21日間で、
忘れられないあの人と復縁する方法があります。

口コミでも「効果があった!」
「復縁に成功できた!」と評判の、
最強復縁マニュアルです。

女性版はコチラから詳細ページへ

元カノと復縁できる方法
元カノと復縁したい男性版

たった36日間で、
忘れられないあの人と復縁する方法があります。

絶望的な別れから、簡単に復縁することができてしまった「復縁に大成功した男」続出の、
男性版・最強復縁マニュアルです。

男性版はコチラから詳細ページへ


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)