お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

元彼女に手紙で復縁を願うときの注意点

復縁する方法というのは何通りもありますが、
その中でも昔からある方法に「手紙を送る」というものがあります。


メールやLINEが主流になった現代では少なくなってきましたが
だからこそ、手書きの手紙は相手に気持ちが伝わると思う方もいらっしゃいます。


実際、手紙で別れた彼女と復縁できました、という声もよく耳にします。
とはいえ、やり方を間違えると一気に復縁の芽を摘んでしまう
諸刃の剣のようなものであるということも覚えておいてください。

別れたばかりで頭に血が上っている状態で手紙を書くのは
危険で安易に実行するような方法ではありません。


手紙で彼女との復縁を願うのなら、一定の時間を経てから
・何がわかれたポイントなのか
・改善方法はあるのか

を考えつくし、それを手紙に綴る必要があります。


また、あなた一人で書いた手紙は自己中心的な内容になりやすいです。
信用のおける友人などに添削を頼むのも良い方法といえます。


更に、手紙の効果があるのは相手があなたに少しでも未練や感心がある場合です。
彼女があなたに嫌悪感や嫌いという感情を持っている場合、
「痛い人」「ストーカー」というレッテルを貼られてしまいかねません。


復縁したい相手との別れ際、どのような状況だったかを
よく思いだしてから手紙という方法を選びましょう。


・復縁の手紙の書き方
(1)反省点を書き謝罪する
別れ方は人それぞれですが、いかなる状態でもあなたの非をわびましょう。


例えば彼女の浮気が原因で別れたとしても、浮気をさせてしまった自分が悪い、
といったように、過失割合が1対9で相手が悪かったとしても
1の過失部分を謝罪するということです。

(2)改善点を書く
別れてしまった原因を解決したことを記入します。
例えば働いていなかったことが原因で別れたのなら
就業したことを記入する等ですね。


(3)付き合ってくれた感謝を示す
彼女と付き合っていて楽しかったことやよかったことを
シンプルに感謝文として添えましょう。
あまり長く書きすぎると未練たらしくなるので注意が必要です。


(4)別れの挨拶
最後の締めになるような文章を載せて、気持ちよく手紙を終わらせます。


・書いてはいけない手紙の内容
(1)復縁を望む書き方
手紙というのは重くなりがちです。
「復縁したい」という内容を長々と書いても相手が重くとらえ、
結果復縁は遠ざかります。


別れ方によっては復縁を願う内容を書くのも有効的なことはありますが
大多数の場合失敗します。
リスクが大きすぎるので避けた方が無難です。


(2)ネガティブな事を書く
「別れてから眠れない」「仕事が手につかない」など、
別れたことで自分に不利益な状況になっていることを相手にアピールすることです。


これは相手にとって女々しい姿を見せるだけで、
相手にマイナスイメージを持たれてしまう可能性が高いので避けましょう。


別れた彼女と、絶対にやり直したいですよね。


手紙は使い方次第で非常に効果的な方法といえます。
ただ、携帯電話などで手軽にコミュニケーションが取れる現代では
相手に重く取られ過ぎてしまうのも事実。


ですが、避けるべき内容、空けるべき冷却期間さえ気をつければ
手紙を使って復縁することも夢ではありません。


彼女と再び素敵な恋愛ができるよう、がんばりましょう。


無料の復縁マニュアルをメルマガ登録でGET

元カレと復縁できる
無料メールマガジン

復縁業者を使わなくても、
たとえ連絡が取れなくても
あなたは復縁に成功できます!

12000人以上もの復縁相談実績を持つ
復縁コンサルタント山本あずさが、
元彼と復縁できる方法を
無料メルマガで公開中です。

無料マニュアルの登録はコチラから

私の人生を変えた復縁マニュアルです

元カレと復縁できる方法
元彼と復縁したい女性版

たった21日間で、
忘れられないあの人と復縁する方法があります。

口コミでも「効果があった!」
「復縁に成功できた!」と評判の、
最強復縁マニュアルです。

女性版はコチラから詳細ページへ

元カノと復縁できる方法
元カノと復縁したい男性版

たった36日間で、
忘れられないあの人と復縁する方法があります。

絶望的な別れから、簡単に復縁することができてしまった「復縁に大成功した男」続出の、
男性版・最強復縁マニュアルです。

男性版はコチラから詳細ページへ


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)