お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

離婚危機の夫婦関係を復縁させるための方法

前回の記事で
夫婦関係を復縁するための基礎的な知識をご紹介しました。


ポイントは
・夫婦の復縁と一般のカップルの復縁の違いを理解する
・原因の深刻度が高いことを認識する
・別れた後のことを考えることが難しいことを理解する
・相手に嫌われる、生理的に嫌だと思われるような事は絶対に避ける
・相手が怒っていたり感情的になっているときは、縋ってはいけない

ということでした。


では、実際に夫婦関係を復縁したいときにどうすればいいのか、
今回は離婚を回避しもう一度夫婦関係を復縁する方法をご紹介します。


・相手が怒っていたり感情的になっている場合
まずは「相手の感情が最短で落ち着く方法」を考えましょう。


具体的には
・相手に不満を遠慮なく話してもらう
・相手の離婚の意思を尊重しつつ時間を貰う

ということです。


「あなたの意見を押しのけて、離婚に無理やり反対しようとは思っていない
 だから少し時間が欲しい」といって時間を稼ぎ
相手の気持ちが落ち着くのを待ったり、別居を提案するなどがあります。


・別居を恐れない、別居はあなたができる「冷却期間」という戦術です
別居を恐れすぎて、頑なに反対するのはよくありません。


そのまま一緒に生活をすることで関係が悪化するよりは、別居をしたほうがいいです。
別居によりその後一定期間は相手は落ち着きますし、
夫婦の復縁において、相手に寂しさや未練を感じさせる唯一の手段になります。


ですから、別居を嫌がるのではなくどのように別居に持っていけば
相手は未練や寂しさを感じて自分との別れを考え直すだろうか?
という視点で戦略的に別居を利用するということですね。


・別居中に過度の連絡はしない
別居は冷却期間です。
別居中に不安で連絡を繰り返してしまうと相手の感情を穏やかにし、
相手の中にあなたへの未練が芽生える狙いで行う冷却期間が台無しになります。


連絡は必要最低限に努め、あなたの未練や離婚を回避したい
という気持ちは伝えないように心掛けましょう。


・冷却期間中に自分を磨き、離婚原因を改善する
冷却期間明けに再会したとき、相手が別れを迷いだすように
しっかりと自分を磨くことが大切です。


その期間じっくり今回の離婚危機に至った原因について考え
改善できるところは速やかに改善していきましょう。


・再度同居し、そのときに離婚原因の改善を行動でアピールする
冷却期間である別居をある程度行ったら、一度会って話をします。
そのときに相手に話を聞き、復縁ができそうであればそのまま話を進めます。


復縁が難しそうであれば、相手の状況にもよりますが一度同居をしてみて
やっぱり別れたい、と感じたのであれば別れに応じると伝え
同居に話を持っていきましょう。


そして同居が始まったら、離婚の原因が改善されたことを行動でアピールします。
原因が改善されれば、夫婦関係は無事復縁できるということですね。


大好きな妻や夫と、絶対に離婚したくないですよね。


夫婦の復縁のポイントは「別居を戦略的に使うこと」です。
別居をしてしまえばそのまま離婚になるのでは・・・と恐れるのではなく
冷却期間を置き、相手に寂しさや未練が芽生えるように行動するということです。


あなたが戦略的に行動できれば、夫婦関係はもう一度もとに戻りますよ。



無料の復縁マニュアルをメルマガ登録でGET

元カレと復縁できる
無料メールマガジン

復縁業者を使わなくても、
たとえ連絡が取れなくても
あなたは復縁に成功できます!

12000人以上もの復縁相談実績を持つ
復縁コンサルタント山本あずさが、
元彼と復縁できる方法を
無料メルマガで公開中です。

無料マニュアルの登録はコチラから

私の人生を変えた復縁マニュアルです

元カレと復縁できる方法
元彼と復縁したい女性版

たった21日間で、
忘れられないあの人と復縁する方法があります。

口コミでも「効果があった!」
「復縁に成功できた!」と評判の、
最強復縁マニュアルです。

女性版はコチラから詳細ページへ

元カノと復縁できる方法
元カノと復縁したい男性版

たった36日間で、
忘れられないあの人と復縁する方法があります。

絶望的な別れから、簡単に復縁することができてしまった「復縁に大成功した男」続出の、
男性版・最強復縁マニュアルです。

男性版はコチラから詳細ページへ


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)