お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

冷めきった夫婦関係を復縁するためには・・・

「単身赴任している旦那との関係が冷め切ってしまいました・・・
 もう昔みたいに戻ることはできないのでしょうか・・・」


「家に帰っても妻の態度は冷たく、先日とうとう実家に帰ってしまいました。
 このまま別居して離婚になるのでしょうか・・・」


夫婦の仲が冷め切る理由というのは様々あります。
そして一度夫婦関係が冷めてしまうと、未婚のカップルよりも復縁は難しいと言われています。
愛し合って結婚したのに、配偶者の態度が冷たくなるととても悲しくなりますよね。


だからといって悲しみのまま離婚に同意してしまえば、
夫婦はあっという間に他人になってしまいます。


離婚の危機に陥った時、どうすれば最悪の結末を回避することができるのか。
今回は夫婦関係を復縁させるための基礎的な知識をご紹介します。


・夫婦の復縁と一般のカップルの復縁は何が違うのか
一般的なカップルの場合、相手に「もう別れるから」と言えば別れることができます。
ですが関係が悪化し離婚の危機となっている夫婦の場合、相手が「もう別れるから」といっても
簡単に別れることはできませんよね。


ですから、別れたいと考えている配偶者は
「どうやって別れようか」
「どうやってあなたを説得するか」
というような発想をしているのが大きな違いの1つになります。


カップの復縁の場合「別れたくない」といったところでどうにもなりませんが、
夫婦の場合は「別れたくない」といえばあなたに明確な離婚原因がなければ
すぐに離婚という事にはなりません。


しかしあなたが「別れたくない」と言えば
相手は「どうやって説得するか」「どうやって諦めさせるか」という発想から
「あなたに復縁の希望を感じさせないために、極端に冷たくする」
という方法を取る事が多々あります。


このことによりあなたと配偶者の気持ちの温度差が開きすぎてしまう危険性があります。


気持ちの温度差が開きすぎてしまえば、相手の離婚意思に一定の理解をしめすか
別居をしない限りは相手の恋愛感情はさらに冷え
最終的には「生理的に嫌になる」「嫌いになる」というような状況に陥ります。


このように「生理的に嫌」という状況になってしまうと関係の改善は非常に困難になります。
そうならないために相手への譲歩
つまりある程度別居や離婚の意思を尊重する姿勢を見せる事がポイントです。


・原因の深刻度が高い
普通のカップルが別れることに比べ、離婚をすることに対するリスクは多々あります。


社会的損失、経済的損失などのリスクを負ってでも離婚をしたいという決意です。
その原因の深刻さは非常に高いことが多いです。


相手が後先考えずに衝動的に離婚を言いだしたのであれば別ですが、
相手後先を考えた上で判断した別れであれば原因は深刻であり
その原因を改善することは非常に難しい場合が殆どです。


離婚原因の深刻さを過小評価する方が多いですが、これは絶対にしてはいけません。
復縁をしたいのならば、辛くても離婚の原因を改めて深く認識することが大切です。


・別れた後のことを考えての行動がしにくい
恋人の別れの場合、別れの危機が訪れたら「別れてからどう復縁しようか」と考え
出来る限り綺麗に別れて、別れた後の接点を持ちやすくしようという発想をします。


しかし離婚後の復縁の場合あなたが「離婚をしたくない」といえば
相手は強引に離婚ができないことと、あなた自身の離婚のリスクも非常に高い事から
「とにかく離婚を辞めさせたい」と言う視点だけで行動しがちです。


しかし前述のように別れの原因が深刻であることもあり
短時間でそれを改善することは難しく、離婚を先延ばししたところで
「生理的に嫌だ」と思わせてしまう可能性も高まるわけです。


仮に離婚した場合も接点を持てる関係
離婚後にあなたの事を良い人だったと
相手に思ってもらえる状況も視野に入れておく必要があります。


・相手に嫌われる、生理的に嫌だと思われるような事は絶対に避ける
相手に嫌われてしまったり、生理的に嫌だと思わせてしまえば
「復縁は不可能になる」ぐらいの危機感を持ちましょう。


あなたが離婚に対して頑なに拒否をすればするほど、このリスクは高まります。


相手の離婚の意思を尊重し「あなたがどの程度理解を示すのか」によって
「相手の気持ちに嫌悪感が生まれるのか」を避けることができます。


相手の意志の硬さや感情、相手の性格を考えて
自分の意思と相手の気持ちのバランスをどの程度取るかを判断しましょう。


・相手が怒っていたり感情的になっているときは、縋ってはいけない
夫婦の離婚の場合、相手が怒っていたり感情的になっているときに
「離婚はいやだ」という意思で追い縋ってしまうと関係が崩壊する恐れがあります。


相手に「何が嫌なのか、何が原因なのか」を語ってもらうだけならいいのですが
それに対して反論や意見をいうのはご法度です。


相手が精神的に落ち着いていなければ、あなたの意思に耳を貸してくれることはありません。
相手が起こったり感情的になっているときは、
まずは相手の気持ちを落ち着かせるにはどうすればいいのかを相手の目線で考えましょう。


もう一度、幸せだった夫婦生活に戻りたいですよね。


冷め切った夫婦関係を復縁させるのは簡単なことではありません。
ですが、方法さえ間違えなければ不可能ではないのです。


離婚したいと言っている相手の気持ちを考え
辛くても離婚原因をじっくりと考えましょう。


あなたが方法を間違えなければ、夫婦の復縁だって夢ではありませんよ。



無料の復縁マニュアルをメルマガ登録でGET

元カレと復縁できる
無料メールマガジン

復縁業者を使わなくても、
たとえ連絡が取れなくても
あなたは復縁に成功できます!

12000人以上もの復縁相談実績を持つ
復縁コンサルタント山本あずさが、
元彼と復縁できる方法を
無料メルマガで公開中です。

無料マニュアルの登録はコチラから

私の人生を変えた復縁マニュアルです

元カレと復縁できる方法
元彼と復縁したい女性版

たった21日間で、
忘れられないあの人と復縁する方法があります。

口コミでも「効果があった!」
「復縁に成功できた!」と評判の、
最強復縁マニュアルです。

女性版はコチラから詳細ページへ

元カノと復縁できる方法
元カノと復縁したい男性版

たった36日間で、
忘れられないあの人と復縁する方法があります。

絶望的な別れから、簡単に復縁することができてしまった「復縁に大成功した男」続出の、
男性版・最強復縁マニュアルです。

男性版はコチラから詳細ページへ


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)